世界一長いカワ

スペインのフットボールチーム、バレンシアCFを応援したり、仮面ライダーとかプリキュアを観る人の日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年観た映画の感想をタラタラ書いてゆく。「映画プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ 」


プリパラ史上初の完全オリジナルストーリーの劇場版作品!!
というわけで、本日は「映画プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」について。

ネタバレ含みます。

あらすじ
えぇー!ファルルが大ピンチ!?
アイドルの聖地「プリパリ」にいるらぁらの大切なともだちファルルから「プリパリのキラキラがなくなってプリパラがなくなっちゃう!」とSOSが届いたのだ!!
プリパラアイドルたちは、5チームにわかれて世界中のプリパラステージで「いいね❤」を集めながら、はるか遠くプリパリめがけて全力ダーッシュ!!
らぁらたちはファルルを助けて、プリパラの世界を無事救うことが出来るのか!?

公式サイトから抜粋


プリティーリズムの頃から数えると
『劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン』
『劇場版プリパラ み〜んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』
『とびだすプリパラ み〜んなでめざせ!アイドル☆グランプリ』
『KING OF PRISM by PrettyRhythm』
に続く5作目。
キンプリを除くと初のオリジナルストーリーの劇場版作品です。
とはいうものの、やはり映画のメインはライブ!ライブ映像に重点を置き、ストーリーはあくまでもライブをスムーズに見せるための土台です。
あまり複雑にせず、シンプルにらぁら達がファルルとプリパラの世界を救う話にしていたと思います。


OPで急に世界が反転。突如プランド・キャニオンへと投下されるらぁら一行。
プランスのプリパラ「プリパリ」のファルルからSOSのメッセージが届き、ファルルを助ける為にプリパラに向かうことに。
しかし、プリパリのシステムもダウンしてしまい、通常使えるプリコプターやプラレール(タカラトミーなので)も運休状態。
そこで、めが兄ぃ達が用意した変なメカに乗り込むことに・・・・・・。
別に「1番にプリパリに着いた人が・・・・・・」とか一言も言ってないのに、勝手にレース形式になってるうえに、アロマゲドンが妨害したり、それに対して「卑怯」って言ってみたりよくわからなかった。
プリパラは確かによくわからないけど凄い作品なんですけど、ただただよくわからなかった。
チキチキマシン猛レースのような不思議なメカでレース。あの荒野はマッド・マックス怒りのデス・ロードを意識していたと思います。爆破シーンのドクロは完全にタツノコアニメの演出でした。その辺は楽しいのです。
ただ、突然レースが始まったのはよくわかりませんでした。。。適当に理由付けしてくれればすんなり見れるのに。


アロマゲドンが次元の裂け目を爆破したことでアイドル達は世界各地に散り散りに飛ばされてしまいます。
SoLaMi♡SMILEは大阪プ
Dressing Paféはパメリカのペリア51
アロマゲドンはペジプト
緑風ふわりはパルプス
黄木あじみは大西洋
そして、その土地それぞれのプリパラでライブするわけなんですけど、この「同時に複数の場所で何かする展開」ってキン肉マンによくある展開ですよね。

それぞれのライブは「プリズム☆ツアーズ」のときのように台詞とうのカットインなしのノーカットライブ映像。
「アイドル☆グランプリ」だと何故か観客の映像や台詞が無理やり入れられて純粋にライブ映像を楽しめませんでしたが、今回は以前の形に戻しました。
ただ、何の編集も無しの使いまわしは気になりましたね。アロマゲドンは衣装も全部TV版と同じでしたし。(ペジプトのテーマにあっているとはいえ。)
世界各地のプリパラのめが姉ぇとめが兄ぃは完全にお遊び。「かな恵をどこまで壊せるか」というスタッフのワルノリを感じた。
(ペジプトでのコーデチェンジの説明、語尾スフィンクスに頼りすぎだろ!!)

近作は「プリズム☆ツアーズ」同様にルート上映。
初日の週はふわりとあじみのコース。
大西洋でおぼれたあじみは何故かパルプスにたどり着くものの、狼に捕食される。
そこをふわりが狼の腹を切り開きあじみを救出するというキャトルミューティレーション的な狂気。
助けられたあじみはふわりの家で看病されるが、そこで出会ったふわりの祖父がダ・ヴィンチそっくりであじみが大興奮。
そして2人で“一緒に”ライブするという流れ。
ふわりの持ち歌である「コノウタトマレイヒ」が披露されるのですが、画面のどこかしらにあじみがウロチョロして奇声を上げる凄いライブ。
あじみはサイリウムチェンジを前にして床に穴が出現して強制退場させられました。
それにしても、このルート上映のチョイ役のために玄田哲章さん呼んだんだな・・・・・・。

なんだかんだで世界中で「いいね❤」を集めてプリパリのたどり着いたらぁら一行でしたが、そこにはゾンビと化したプリジェンヌ達が・・・・・・。
プリパリは黒い雲に覆われ、完全に機能停止。ファルルも消える寸前。
そして語られるプリパラがこんなことになった理由!ウルトラマンのような巨大バトル!!
そしてプリパリでのライブ!!!
正直、プリパリの危機の原因を知ったとき、「ブリッツ」のステイサム並の「なんじゃそりゃ」が出ました・・・・・・。
大神田グロリアの姉。大神田プロリア。中の人はデヴィ婦人。カオス。
あと、ゲスト声優として元AKBの川栄李奈さん。
元アイドルにアイドルの卵であるミニファルル役というのも考えさせられるものもあったけど、それ以上に台詞少な過ぎてびっくり。


と、こんな具合になかなか楽しい映画ではあるのですが、見終えた後割りと正気でいたのも事実。
「プリズム☆ツアーズ」と「キンプリ」はみ終えた後、脳にダメージを負うドラッグ映画でしたが、今回はストーリーがある分頭がおかしくなることはありませんでしたが、その分「普通」になってしまったように感じます。
(まぁ、改めて文章にすると相当、変なことしてるんですけどね。この映画。)
ライブを優先するためにストーリーをシンプルにしたのは良かったですけど、その分あまり心に残らなかったような。

CGモデルの無いサブキャラもたくさん登場して、それでいて台詞もあったのはうれしかったです。
(ルート3気になるなぁ~)
あと、ドロシー&レオナがカナダ人出身だから英語の発音がいいとか、巨大化したグロリア姉妹にも聞こえるくらい大きい声をだすらぁらとか、ちゃんと設定を拾った辺りは良かったなぁと。
(ドロシーとレオナがカナダ人とのハーフっていうことは頭にあったけど、英語しゃべれるなんて考えたことなかった)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

仮面ライダーナイル

Author:仮面ライダーナイル
(アイコンはザザです)
ゴミのように働きボロ雑巾のようになっているため、最近は更新頻度があまりにも低いので申し訳なく思っています。

ツイッター


最新記事

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。