世界一長いカワ

スペインのフットボールチーム、バレンシアCFを応援したり、仮面ライダーとかプリキュアを観る人の日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年観た映画の感想をタラタラ書いてゆく。「ワイルド・スピード SKY MISSION」

captt_154.jpg
ヴィン・ディーゼルとステイサムがレンチとバールのようなもので殴り合う!!
というわけで本日はヴィン・ディーゼル主演「ワイルド・スピード SKY MISSION

以下ネタバレ

あらすじ
前作においてオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンズ)率いる国際犯罪組織を仲間たちと打倒することに成功し、レティ( ミシェル・ロドリゲス)を取り戻すことに成功したドミニク(ヴィン・ディーゼル)であったが彼女の記憶喪失は未だ戻らずレティとの関係に苦悩する。
また、ブライアン( ポール・ウォーカー)は家族と共に平穏な日々を過ごすものの、かつての刺激にあふれた生活が頭から離れずにいた。
そんな中ブライアンの家に来ていたドミニクの元に東京から一本の電話がかかってくる……。


captw_38.jpg
今回の敵は前作倒したオーウェン・ショウの兄であるデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)
ついにステイサムがワイルド・スピードに殴り込む!!
オープニングでデッカード・ショウが、瀕死状態の弟のお見舞いにくるシーン。 デッカード・ショウが病室から出ると病院全体がボロボロになっていることが判明!
「弟を頼むぞ」と医者に言ったにもかかわらず病院を半壊させる意味はわからないけれど、観たもの全てを「こいつはヤバい……」と理解させることの出来る素晴らしいシーンだったと思います。

その後もショウはホブス捜査官(ドゥエイン“ザ・ロック”ジョンソン)の仕事場に忍び込み弟を倒したのはドミニク一味だと情報を入手。
もちろんホブスも黙っているわけなくステイサムと素手での殴り合い!
ロックボトム
しかもホブスは中の人の十八番のロックボトムまで繰り出す大サービス!!
captw_84.jpg
captw_85.jpg
ショウもたまらずダウンしかけるものの、最終的に爆弾を使いロックを病院送りにすることに成功する。

その後もショウは東京でストリートレース中のハン( サン・カン)を殺害。
そして慣れない平穏な暮らしに苦しむブライアンの家に爆弾を送り込み家を大破するのであった……。
と開始20分でこれでもかっという位ステイサムの強さと怖さが披露される。


ドムもただ黙って仲間がやられるのを観てるわけなく、ノーバディ(カート・ラッセル)なる極秘諜報機関の人間と取引を交わし、中東のテロリストから機関のハッカーを取り戻せば、世界中のカメラや携帯電話に侵入して特定の人物を探せる兵器「神の目」を提供してもらい、すぐに行方をくらませるショウを探すことにした。

captw_98.jpg
そしてハッカー救出作戦のためにご自慢の改造車両を飛行機から投下して山岳地帯に潜入。
救出作戦を遂行するも、途中でショウが乱入し現場は文字通りカオス!!

国を滅ぼすレベル
笑顔が最高


ハッカー救出に成功するも、神の目のマイクロチップがアブダビの王子の手に渡ってしまったことが判明。
王子主催のパーティーに潜入し盗みをはたらくが、結局バレてしまい闘うハメに。


captt_2.jpg
レティと王子のボディガードのカラ(ロンダ・ラウジー)の色気0%の女の殴り合いは必見!!
セクシーなドレスを着ているはずなのに、ピクリとも来ないファイトだ!!

captw_6.jpg
captw_73.jpg
そしてどこからともなく現れるショウ。

captw_122.jpg
captw_121.jpg
ビルからビルへと車ごと飛んで逃げるドム

IMG_2697.jpg
(そういえばこのビルは、アブダビに旅行したときにカメラに収めてました。アブダビには珍しい曇り空)


captt_16.jpg
と、そんなハイテンションなシーンが永延と続き最初から最後までヴィンヴィン!!(ヴィン・ディーゼルだけに!)

急に張り切りだすカート・ラッセルにも注目だ!


captt_150.jpg
ディーゼルとステイサムの最後の決戦で部外者を乱入させて、尚且つステイサムが死ななかったのはステイサム自身が明確な敗北にNOと言ったからなんですかね?
負けたけど、あそこでミサイル撃たれなかったらどうだったの?みたいな感じで。


captt_172.jpg
残念ながら撮影途中に交通事故で他界してしまい、ポール・ウォーカーにとって遺作となってしまった本作。
長年シリーズを支えてきたキャラクターだけに、ポール演じるブライアンをどう扱うんだろう?というのはかなり気になっていましたが、これ以上ないくらい彼へのリスペクトが感じられる作りだったと思います。
なにしろブライアンの活躍シーンが多い!凄く多い!
パンフレットを読む限り、ブライアンの登場シーンはほぼ亡くなる前に撮り終えていたそうですが、追加の撮影は彼の兄弟や、過去の未公開映像を組み合わせて作ったそうです。
適当な理由を付けて死んだことにするかと思ってたのですが全くそんなことは全くなく非常に上手くブライアンを活躍させ、最高のラストシーンを用意していました。

captw_57.jpg
ラスト、ドムとブライアンの車が分岐点で分かれるシーンはファンだったら泣かざるを得ないでしょう。
「さよならも言わずに行っちまうのか?」とブライアンがドムに言いましたが、本来ならばディーゼルがポールに言うべきセリフ。その辺もまた上手いなと。
挿入歌であるWiz Khalifaの See You Againも素晴らしかったですよね。
captw_49.jpg
正直ワイルド・スピードシリーズはDQNが観るワンピースみたいな印象で、前作のユーロミッションも必要以上に「仲間」だ「家族」だ言っててあまり好きではないのですが、本作は貶すところがまるでありません。
本当に素晴らしい!
ステイサムもエクスペンダブルズ以上に頑張ってたんじゃないの!?と思えるくらい良かったですし、そのステイサムがロックとディーゼルと闘うっていうドリームマッチも観れて大満足。
お勧めですので是非。


captt_14.jpgcaptw_130.jpg
captw_108.jpg
capt_464.jpg
あと、トラックが崖から落ちるシーンとミシェル・ロドリゲスとロンダ・ラウジーの闘いにユニソルを感じる。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

仮面ライダーナイル

Author:仮面ライダーナイル
(アイコンはザザです)
ゴミのように働きボロ雑巾のようになっているため、最近は更新頻度があまりにも低いので申し訳なく思っています。

ツイッター


最新記事

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。