世界一長いカワ

スペインのフットボールチーム、バレンシアCFを応援したり、仮面ライダーとかプリキュアを観る人の日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年観た映画の感想をタラタラ書いてゆく。「ワイルドカード」

ステイサムinラスベガス
capt_95.jpg
というわけで、本日はジェイソン・ステイサム主演「ワイルドカード

あらすじ
ラスベガスの裏社会で用心棒を生業とする 元特殊部隊のエリート兵ニック(J・ステイサム)。 ある日、何者かに酷い暴行を受け瀕死の重傷を負った元恋人から、正体を突き止めて復讐してほしいとの依頼が舞い込む。ラスベガスの表も裏も熟知しているニックは、すぐさま犯人を見つけ出し、瞬く間に依頼を完遂させる。しかし、犯人の背後には、強大な権力でラスベガスを掌握する凶悪マフィアの存在が…窮地に追い込まれたニックの命を懸けた戦いが今始まる―!公式サイトより引用

主演ジェイソン・ステイサム
原作・脚本ウィリアム・ゴールドマン
監督サイモン・ウェスト(メカニック、エクスペンダブルズ2)
アクション監督コリー・ユン(トランスポーター)
制作スティーブ・チャスマン(パーカー、トランスポーター)


このようにステイサムにとってみれば最強の布陣のこの作品。
予告を観る限り物凄いアクション映画だと思って、いざ鑑賞すると……。

アクション映画というよりステイサムの男気溢れるハードボイルド人情映画でした

アクションシーンはあるんです。
それこそステイサムのハミングバードよりもアクションシーンはあるんです。
でも、この映画は人情映画であって、アクション映画ではないと思うのです。
製作スタッフに恵まれたのに、アクション映画にしなかったのは何故なんだろう……。

でも、つまらないとは思わなかったし、ハードボイルドなステイサムは真似したくなりました。
クレジットカードを見せながら「俺はカタギの人間だ。」と相手を油断させてからクレジットカードを切りつけて闘ったり、バターナイフを銃の引き金に差し込んで撃てなくするとか……。
capt_108.jpg
capt_12.jpg
クレジットカードとバターナイフの正しい使い方。

ブラックジャックで調子が良くなってきたら、自分の肩を叩いて「運がのかってきたな」ってやったムーブは、先輩相手にポケモンバトルで連勝したときに実際に真似した!そして人生初のスロットに挑戦して何の演出もなく負けた!!
そりゃ、目標額の500万ドル勝ってたのに、最終的に全部負けたシーンの真似したら負けるよ!!
capt_67.jpg
ゲンナリステイサム。


capt_46.jpg
あと、OPシーンでハゲのステイサムがカツラのオッサンを馬鹿するシーンは笑いました。

capt_49.jpg
しかもやられる。

capt_53.jpg
まぁ、これはカツラのオッサンがいい恰好するためにわざとやられ役をやったわけなんですけど。
(ここで金を必要以上にもらわないのもハードボイルド!!)


ネットで観る限りだと賛否両論。どっちかというと批判の方が多いこの作品。
私も公開2日目に友人と2人で観てきたのですが、ステイサムに特別な思い入れのない彼はかなりの不満顔でした。
確かに映画の脚本として面白いのかと言われるとそうではないし、話もチグハグしいると思います。
でも、ハードボイルドなステイサムの1つ1つの仕草をみる価値はあるし、自身のハードボイルドなキャラクターに疲れ切っている様子は、演技ではなく、実際のステイサム自身と照らし合わせてたりするのかなと思ったり。(ちょっぴり『その男 ヴァン・ダム』を感じた)

capt_88.jpg
話の軸が弱いというのは否定できないですけど、魅力的な部分はたくさん散らばっているのでそれをどう探し、どう受け止めるかはあなたしだい!
ハミングバードが好きならたぶんこの作品も好きだと思うのでお勧めです!!



ベイマックスもいろいろ言われてたけど、こちらも中々の広告詐欺な気がします。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

仮面ライダーナイル

Author:仮面ライダーナイル
(アイコンはザザです)
ゴミのように働きボロ雑巾のようになっているため、最近は更新頻度があまりにも低いので申し訳なく思っています。

ツイッター


最新記事

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。